抱きしめる治療内容

医者 これまでは、精神科などが行っていたバタフライハグでしたが、今では、沢山の合いの手があり、悪化する前にケアができる仕組みが成り立っています。どんな方法でハグするのか、しっかりレクチャーを受けることも必要なようです。

詳しく見る

うつ病の改善と予防

ハート バタフライハグは今注目されているリラックス動作の一つで、うつ病の治療や予防のために行っている方がたくさんいます。方法はとても簡単ですが、一からバタフライハグを学びたい方はコーチングを受けることも可能です。

詳しく見る

手軽にできる

悩む女性 バタフライハグは手軽におこなうことができますが、強くおこなったり長時間おこなう必要はなく、短時間の動作でも十分効果が期待できます。特別な道具は必要ないので準備、申込も不要ですが、プロの指導を受けたい場合は当該施設に予約しておきます。

詳しく見る

心の傷を癒す

院内 バタフライハグは胸の前で手を交差し、肩を交互に叩くことで精神を落ち着かせる効果が期待できる、EDMRの簡易版の方法です。交互に叩くことで右脳左脳に刺激が伝わり、トラウマの再構築や不安、緊張などを和らげる効果も期待できます。

詳しく見る

自分でできる心の治療

ハートと聴診器 バタフライハグは不安定な心を落ち着けることができる療法として注目を集めています。両方の腕を体の前で交差させて、両手を肩の上にのせてたたくだけでよいので、誰でも簡単にできます。災害にあった人の心の治療にも利用されています。

詳しく見る

原因が無いこともある

カウンセリング

コミュニケーションがストレス

ストレスを受けることには個人差があり、そのときの感情などもあり解釈によってストレスの意味も変ってくることもあります。そしてストレスが強かったり過度にたまってしまうと心身に悪い影響が現れるようになり、うつ状態に進むこともあるので早めの対処が必要です。軽いうつ状態の場合には心療内科や精神科では、精神療法として心理面から変えていけるような方法をアドバイスすることもあります。そのひとつとしてあるのが「バタフライハグ」で、自分で自分を抱きしめることによって安心感を与える方法です。悪いストレスは常に体を蝕んでいきますので、ストレスから開放されることが難しい現状もあるために、バタフライハグなどの精神療法を使うことで気持ちが楽になります。うつになりやすい時というのはどのようなことかというと、実はキッカケが無いままにうつ病になってしまう人もいることを理解しておくことです。病気という捉え方があるいじょう原因がないというと不思議に感じますが、実はこれまでの精神疾患として珍しいことでありません。それだけに意味を感じなくてもバタフライハグをやっておくことで、気分的に変ってくることがプラスになることも治療のひとつといえます。

ビジネスをしている人でも学生でも、どのような場面でコミュニケーションを取ればいいのか難しいときもあります。話が苦手な人だと知った相手とエレベーターが一緒になると話しかけられたらどうしようというストレスを感じ始めますし、反対に話しかけられないことでストレスを感じることもあります。つまりコミュニケーションは取れればいいということではなく、どのような場面で使っていけばいいのかタイミングもあるわけです。これはコミュニケーションギャップともいわれていて、うつ状態になる原因とも考えられているので、解釈を変えることも必要があります。こんなときには人から相手にされなくて寂しく感じることも多々ありますので、バタフライハグで自分を慰めてみると効果を発揮します。また結婚でめでたいはずのマリッジブルーや出産のマタニティブルーなどの場合には、ホルモンが正常に働かないことによってなりやすいのでバタフライハグで癒すことも効果があります。心療内科や精神科ではカウンセリング時にアドバイスとして、バタフライハグを勧めることもあるのでやってみることです。