うつ病の改善と予防

ハート

うつ病に効果的な動作

些細なことが原因で発症するうつ病は恐ろしい心の病で、自然に治る可能性が低いので気を付けなければいけません。うつ病の治療方法で一般的なのが精神療法と薬物療法で、心療内科や精神科が診療科目にある病院で受けることができます。専門医のカウンセリングを定期的に受けるのが精神療法で、軽度のうつ病の方はこの方法のみで少しずつ回復させていきます。重度のうつ病の方は、カウンセリングと並行して指定されている抗うつ剤を服用しながら治す薬物療法を勧められるようです。うつ病は体と心をしっかり休めることが大切なので、周囲の方に協力してもらい、なるべく休養を取るようにしましょう。最近では、自分自身で簡単に行えるバタフライハグと呼ばれる動作がうつ病の改善や予防に効果的と言われており、世間から注目を集めています。バタフライハグはそこまで難しい動作ではありませんが、初めて試みる方はコーチングを受けた方が良いでしょう。心療内科やバタフライハグを推進しているセラピストがコーチングを行っており、ネット上で探すことができます。

ある程度やり方を覚えれば、専門医やセラピストのコーチングが無くても単独でバタフライハグができるようになります。最初に両腕を交差させ、左右の方を交互に1分〜2分間叩くのがバタフライハグの基本動作で、小さなお子様やお年寄りでも覚えやすいようです。気分が晴れない時やパニックになった時に行うと気持ちを落ち着かせることができ、うつ病が発症する確率を抑えられるとも言われています。最近では、興奮状態になった幼児にバタフライハグをさせる母親も多くなっていて、トラウマの予防にも最適のようです。バタフライハグは海外で生み出された動作で、試験段階から有効なデータが収集されており、徐々にあらゆる効果が判明しました。うつ病の改善や予防だけでなく、思考をポジティブにする働きがあるので、何か失敗をした後に行っても効果的です。落ち込み難くなり、次に向かって前向きに頑張れるようになるのが特徴で、アーティストの方々も定期的に行っています。精神面の不安を取り除くことで日々の生活がより楽しくなってくるので、興味のある方はバタフライハグを学んでみましょう。