手軽にできる

悩む女性

病気予防にも

うつ病を発症するきっかけとなるものは決して一つというわけではなく、いろいろな要因が関係しています。そのため、誰でもうつ病を発症してしまう可能性はあり、そのまま放置しておくと重症化してしまうことも決して珍しくありません。また予防法もいくつもありますが、その中でも高い効果が期待出来る反面、手軽におこなえると注目されているのがバタフライハグです。両手を胸の前で交差させて、その手で三十秒程度自分の肩を軽く叩くもので、何か技術とか経験がなければならないというわけではありません。実際に肩を交互に叩くことで右脳左脳に刺激を与えることができ、結果的に感情を落ち着かせることにもつながります。初心者の場合はまだ慣れていないということから、どうしても強く叩こうとしてしまうこともありますが、強くする必要は全くありません。また長時間おこなう必要もなく、まずは指示されたように短時間でおこなってみて、どのような変化があるかを見てみます。また、バタフライハグは他の方法と併用することもできるので、この方法だけに固執する必要もありません。

バタフライハグは胸の前で腕を交差させ、その手で自分の肩を軽く交互に叩く動きのことで、蝶のような感じになるのでそのように呼ばれています。準備として何か特別な道具を用意しなければならないわけではなく、どこでも簡単におこなうことができるようになっています。また場所を取るような動きでもないので、どの場所でも基本的にはこの動きをしても問題はないと言えます。方法は非常に簡単なので、誰かにレクチャーしてもらう必要はないため、プロの指導のために申し込みとかをする必要もありません。ただ、もしいろいろと相談したりしながらバタフライハグもやりたいというときは、あらかじめその施設に対して指導の申込をしておくようにします。その際は、まずはあらかじめその施設にインターネットや電話を利用して予約をし、その予約時間にその場所に行って指導してもらう形です。また、まだ治療ではなくただ単に相談をしたいというだけの場合は、カウンセリングの申込を当該施設のほうにしておきます。バタフライハグ自体は何か特別な用意は必要ありませんが、プロの指導をというときは何かいる場合もあるので、予約時に何がいるか準備すべきものを問い合わせておくようにします。